投資用語集

エネルギー独立安全保障法

英語
Energy Independence and Security Act of 2007
カテゴリ
海外 ,

2007年12月に成立したエネルギーの独立性と安全保障の向上を目指す米国の連邦法のことで、自動車やトラックの燃費基準から再生可能燃料や再生可能電気、グリーンカラー職の労働者研修プログラムに至る諸問題を対象とした包括的な法律で、連邦政府による初の家電製品や照明の義務的なエネルギー効率基準を規定している。

また、EISAでは2022年までの再生可能燃料の使用量が規定されており、2022年における再生可能燃料の使用量を360億ガロン(約1.36億kL)としていて、使用目標量を達成するために、環境保護庁(EPA)は年毎に燃料別基準値(使用比率)を算出し、 精製業者、輸入業者及び燃料混合業者らにこの基準値を示すことで輸送用燃料に販売される再生可能燃料の最低使用量を指導する形をとっている。

えきねっと びゅう国内ツアー

カテゴリー「海外」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ