投資用語集

SOX法(そっくすほう)

日本語
サーベンス・オクスリー法
英語
Sarbanes-Oxley Act
同意語
上場企業会計改革および投資家保護法
カテゴリ
条約・協定 , S

エンロン事件やワールドコム事件などで問題になった企業会計の不正を受けて企業会計・財務諸表の信頼性を向上させる目的で2002年7月に成立したアメリカの「上場企業会計改革および投資家保護法(Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002)」の通称で、法案を提出したポール・サーベンス(Paul Sarbanes)上院議員、マイケル・G・オクスリー(Michael G.Oxley)下院議員の名前から、「サーベンス・オクスリー法」とも呼ばれる。

企業会計・財務諸表の信頼性確保のための、監査の独立性強化、コーポレート・ガバナンス(企業統治)改革、情報開示の強化、説明責任等の規定があり、年次報告書の開示が適正である旨の宣誓書提出、財務報告に係る内部統制の有効性を評価した内部統制報告書の作成、公認会計士による内部統制監査を経営者に義務付けている。

カテゴリー「条約・協定」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >

マカフィー・ストア

ページの先頭へ