投資用語集

企業金融支援特別オペ

英語
special operation for the support of corporate finance
同意語
モンスターオペ
カテゴリ
経済・金融政策 ,

金融危機対応として、企業の資金繰り支援に向けた異例の措置として2008年12月に導入した時限オペのことで、銀行、証券、短資会社などの金融機関は保有する企業債務(社債、短期社債、保証付短期外債、企業が振出す手形、コマーシャル・ペーパー(CP)および企業に対する証書貸付債権等)を担保として、その担保価額の範囲内で無制限に日本銀行から、金融市場の情勢等を勘案して貸付けのつど決定する3ヵ月以内の貸付期間、日銀が金融市場調節方針において誘導目標として定める無担保コールレート(オーバーナイト物)の水準の貸付期間中における平均値(0.1%程度)の適用金利で資金を借りることが出来る。

オペ開始当初は2009年4月末までの時限措置であり、同オペの長期化はモラルハザードを生み、適切な金利形成も生まれないとし、早期終了を求める声も出ていたが、出口戦略が定まらず、度々延長され、最終的に2010年3月末に終了した。

また、2009年5月頃からCPや銀行間の資金貸借取引に当初の目的以上の強烈な金利低下効果を与えているになったため、モンスターオペとも呼ばれるようになった。

デル株式会社

カテゴリー「経済・金融政策」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ