投資用語集

GAP

日本語
農業生産工程管理手法 , 適正農業規範
英語
Good Agricultural Practice
関連サイト
日本GAP協会
カテゴリ
穀物 , G

生産段階の大腸菌等の病原微生物、カドミウム等の重金属汚染、残留農薬等の危害要因を分析し、栽培から収穫まででなく、洗浄、選果、保管、出荷、輸送に至るまでの各段階での対策を講じ、管理する手法のこと。

GAPの概念は第2次世界大戦後、化学肥料や農薬によって、生産性が大幅に向上した半面、環境汚染が進んだことに対する反省をもとにヨーロッパで生まれ、日本では日本GAP協会が認証を行ってい、2005年から農林水産省が推進している。

デル株式会社

カテゴリー「穀物」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ