投資用語集

生産分与契約

英語
production sharing contract
同意語
PSC , PS契約 , 生産物分与契約
関連語
コスト原油 , 利益原油
カテゴリ
原油 , P

外国石油会社が産油国または産油国国営会社の作業請負人(コントラクター)として、資金と技術を提供して作業を行い、その結果、商業規模の石油の発見があった場合には、実費相当分はコスト原油として先取りして投下資金を回収し、コスト回収後の原油(利益原油)は産油国と外国石油会社間で分けあう形式の石油探鉱開発契約のことで、1960年代前半から石油産業の国有化したインドネシアで普及し、以降産油各国で採り入れられ、発展途上の産油国では最も一般的な契約方式である。

PS契約は石油会社にとって、投下資金を優先的に回収することができ、キャッシュ・フローの点で有利であるため、中小規模の限界的な油田でも開発の可能性が高くなるとともに、コストを抑えれば比較的大きな利益が期待できるメリットがあり、、産油国側にとっては、石油資源に対する産油国の主権と鉱業権の独占を前提として石油操業を遂行するという建前を保持し、原油に対する直接支配権を留保できるというメリットがある。

近年では、産油国が更に多くの利益を確保するため、産油国にロイヤルティを納め、コントラクターのコストを控除した後の生産物を配分する形のPS契約もある。

デル株式会社

カテゴリー「原油」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ