投資用語集

銀行窓販

英語
bank sales channel
カテゴリ
経済 ,

銀行窓口で、投資信託や保険など銀行以外の金融機関が取り扱う商品を販売することで、金融ビッグバンの一環で、1998年12月に投資信託の銀行窓販が解禁され、2001年4月に長期火災保険など一部の保険、2002年10月に個人年金保険と、段階的に銀行窓販できる商品が広がり、2007年12月に全面解禁となった。

銀行窓販は、消費者にとって、金融商品を購入できる拠点が増え、利便性が向上し、銀行にとっては、商品販売による手数料収入が見込めるとともに、顧客資産を囲い込むことが可能になり、保険会社や投信会社にも商品販路の拡大というメリットがあるが、銀行が優越的地位を利用した融資先に対する圧力販売や、保険を販売する際に入手した健康情報が、融資審査に流用される恐れがあるなどのデメリットもある。

サイバーリンク PowerDVD 18

カテゴリー「経済」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ