投資用語集

回転日数

英語
turnover period
カテゴリ
信用取引 ,

信用取引において新規建玉を返済するまでの平均日数のことで、信用取引を開始した投資家がそのポジションを平均して何日間で解消したのかを示す。

回転日数が短いのは、短期決戦の投資家が増えて、市場が投機化していることを示し、回転日数が長いのは、未決済になっている建玉が多く、玉整理が順調に進んでいないことを示していて、経験則上、市場全体の回転日数が10日程度であると売買が活発で、また5日を下回ると投機的な状態とされる。また、回転日数は、異常に短くない限り、長いよりも短い方が玉整理も適度に進んでいることになり、相場には良い状況といえる。

(算出方法)回転日数=[(買の信用建玉残+売の信用建玉残)×2]÷(当日の新規約定+当日の返済約定)

Just MyShop(ジャストシステム)

カテゴリー「信用取引」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ