投資用語集

「証券取引用語集」の新着用語

  • 統合報告

    国際統合報告協議会(IIRC)が2013年12月に公表した企業情報開示の国際的な枠組みである「国際統合報告フレームワーク」に基づく、財務情報...

  • ナローフレーミング

    行動経済学で使われる用語で、物事を全体ではなく、個別に評価して決めようとする傾向のこと。資産運用においては、ポートフォリオ全体の状況を考慮せ...

  • 節税売り

    既に通年の利益を確保した投資家が保有株に含み損を抱えている場合に、損失確定の売りを行うことで、実現利益との相殺を図り、税金の減額を狙うこと。...

  • フェアネスオピニオン

    M&A取引やファイナンス等の既存株主の利害に大きな影響を与える意思決定を行う際に、取締役会が忠実義務や善管注意義務を履行した旨を補完すること...

  • ソーシャルボンド

    福祉、教育、交通、住宅等の社会開発に資する事業を資金使途とする債券のことで、グリーンボンドの一形態。環境・社会・ガバナンス(ESG)を推進す...

  • グリーン・ボンド

    気候変動・水・生物多様性対策等、環境に好影響を及ぼす事業活動に資金使途を限定した債券のことで、環境事業向けの資金調達を行いたい、あるいは資金...

  • アジア地域ファンド・パスポート

    参加国が、投資者保護上の要件を満たしたファンド(投資信託等)について、相互に販売を容易にするため、規制の共通化をはかるためのアジア地域におけ...

  • ASEAN CIS

    2007年に東南アジア諸国連合(ASEAN)が公表し、2014年にマレーシア、シンガポール及びタイの3か国でスタートしたファンド・パスポート...

  • グレーター・チャイナ・ファンドパスポート

    2015年7月に開始された中国と香港間のファンド相互承認協定(MRF)のことで、香港籍ファンドと中国本土ファンドの相互販売が可能となる。この...

  • EUファンドパスポート制度

    ファンドのクロスボーダー化を促進するために、欧州委員会が制定したファンドパスポート制度のことで、UCITSは元々は「譲渡可能証券の集団投資事...

  • ファンドパスポート制度

    投資家保護を確保しながら、適格な集団投資スキームのクロスボーダーでの販売を促進する国際的なイニシアティブで、いずれかの参加国において一定の要...

  • FFO倍率

    1口あたりのFFOが投資口の価格の何倍であるかを示す指標で、この値が小さいほど、不動産投資信託(REIT)の収益力に比べて、価格が割安である...

  • クラウド・トレーディング

    一般投資家がディーラーやブローカーなどのプロ集団の行う売買銘柄を見つけて、それを真似て売買する手法のこと。...

  • TLAC債

    世界の巨大銀行(G-SIBs)が総損失吸収力(TLAC)の規制に伴う資本積み増しに対応するために、銀行の持株会社が発行する社債のこと。傘下の...

  • FFO

    不動産投資信託(REIT)が本業である賃料収入からどれだけのキャッシュフローを得ているかを示す数値で、不動産投資信託の収益力を示す指標のひと...

  • ESG投資

    環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の3つの観点を考慮した投資手法のことで、社会的責任投...

  • クラウディッド・トレード

    取引に参加するプレーヤーが多く、取引が極めて多い状況のことで、いわゆるバブルの状態にあり、今後損失を被る懸念も小さくはない一方、さらなる株価...

  • NOMURA-BPI

    日本の公募債券流通市場全体の動向を的確に表すために開発された投資収益指数のことで、国内発行の公募固定利付円貨債券(但し転換社債、ワラント付社...

  • フェア・ディスクロージャー・ルール

    投資判断に重要な影響を与えるような情報で未公表のものを、大株主やアナリスト等の特定の第三者にのみ提供することを、原則禁止するルールのことで、...

  • フィラデルフィア半導体株指数

    アメリカのフィラデルフィア証券取引所(NASDAQ OMX PHLX)が算出・公表する、半導体の設計・製造・流通・販売を手掛ける企業の株式で...

  • 戦略的投資家

    買収先企業と同業の製品やサービスを提供し、買収により事業を拡大することを狙う企業のことで、買収先とは異なる製品やサービスを提供しているが、買...

ページの先頭へ