投資用語集

JPX日経インデックス400

英語
JPX-Nikkei Index 400
同意語
JPX日経400
関連語
独立取締役 , 日本取引所グループ , ROE , TOPIX
カテゴリ
株価指数 , J

日本取引所グループ(JPX)、東京証券取引所及び日本経済新聞社が、2014年1月6日から算出している株価指数のことで、東証上場銘柄 (市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQ) のうち、資本の効率的活用や投資者を意識した経営観点など、グローバルな投資基準に求められる諸要件を満たした、「投資者にとって投資魅力の高い会社」400社で構成される新しいタイプの指標で、日本企業の魅力を内外にアピールするとともに、その持続的な企業価値向上を促し、株式市場の活性化を目指している。

算出開始時の対象企業は、売買代金や時価総額を参考に抽出された1000社から、株主資本利益率(ROE)の3年平均や、過去3年分の営業利益の合計といった業績や、独立取締役の複数選任、決算情報の英文開示等の項目で加点し、400社を選定していて、東証1部から386社、2部から1社、マザーズから2社、ジャスダックから11社が選ばれた(日経225との重複は152社)。スクリーニング(適格基準によるスクリーニング及び市場流動性奇人によるスクリーニング)及び定量的な指標によるスコアリング、定性的な要素による加点の選定基準により銘柄を決定d¥市、毎年銘柄の入れ替えが実施される。

JPX日経インデックス400は1銘柄の時価総額を全体の1.5%までとし、日経平均のように「値がさ株」の変動で大きくぶれることはなく、選定基準にROE等を用いるため、東証1部の全銘柄を対象とするTOPIXのように、低収益の企業は含まないといった特徴があるが、ROEが高い企業の株価はすでに高止まりしているケースが多いため、JPX日経インデックス400をベンチマークにすることは株を高値つかみすることにならないかという懸念もある。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

カテゴリー「株価指数」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ