投資用語集

半扱商い(はんきゅうあきない)

関連語
買米を一度に買うは無分別、二度に買うべし、二度に売るべし
カテゴリ
投資戦略 ,

いろいろな銘柄を仕込むことを分散投資と時間差をつけて仕込むことを分割投資を積極的に組合せることで運用成績とリスクを安定指せる取引方法のことで、江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の中で、「半扱商い天下の秘法なり。利の出た建て玉の半分だけを利食いし、その後は模様を眺めて安ければ買い、高ければ利食いして売りつなぐべし」と取り上げられている。

高速・夜行バス予約サイト WILLER TRAVEL

カテゴリー「投資戦略」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ