投資用語集

レンジフォワード

英語
range forward
同意語
レンジ予約 , ゼロコストオプション
カテゴリ
オプション , 投資戦略 ,

同一の権利行使期限、同金額のコールオプションとプットオプションを組み合わせて、対象商品の取引レンジを確定させるオプション取引のことで、コールオプションとプットオプションの同金額の組み合わせとなるため、オプションプレミアムの受払いが相殺される。

多くの場合、プレミアムがちょうど相殺されてゼロになるように行使価格を調整するため、「ゼロコストオプション」とも呼ばれている。

レンジフォワードの例

ある輸出企業が、1ドル120円のコールオプションの売りと1ドル110円のプットオプションの買いを組み合わせた場合。

  • 権利行使日にドルが110円未満

    →プットオプションの行使して、100円でドルを売る。

  • 権利行使日にドルが100円?110円の範囲内

    →オプションを行使せず、実勢レートでドルを売る。

  • 権利行使日にドルが110円超

    →コールオプションの権利行使に対応し、110円でドルを売る。

輸出企業は、相場の変動に関わらず、1ドル=100円?110円の範囲内に取引レンジを確定できる。

カテゴリー「オプション」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ