投資用語集

コロケーション・サービス

英語
colocation service
カテゴリ
取引 ,

自身でデータ・センターを運営する取引市場、又は取引市場にそのマッチング・エンジンの設置場所を貸与する第三者が市場参加者に対してラック・スペースを貸与することによって、取引市場のマッチング・エンジンに物理的に近接した場所に自身のサーバを置くことを可能にし、マッチング・エンジンと市場参加者のサーバとの間における、ネットワークその他各種のレイテンシー(遅延時間)を最小化させることを補助するサービスのこと。

証券市場のテクノロジーが進展する中、取引戦略を実践するために取引スピードを重要視する投資家層が拡大するようになり、より効率的な取引戦略を構築やプログラム記述といったソフト面での対応だけでなく、取引市場にできる限り近い場所を確保する(場合によってはその近隣も含めて買い占める)といったハード面での対応も図り、自身の競争優位性を維持しようとし、投資家間の過当な場所取り競争が生じたため、取引市場として全ての投資家に対して、最速なアクセス環境を得る機会を公平に提供するために、取引市場のマッチング・エンジンに近接する場所(コロケーション・エリア)を全ての投資家に等しく同一条件で開放しており、スピードを重要視する投資家は、自身のプログラムをコロケーション・エリアに置くことで、取引市場への最速なアクセス環境を得ることができるコロケーション・サービスが導入された。

近年では、スピード追求目的だけではなく、リスク管理目的やオペレーション合理化目的といった観点から、コロケーション・サービスを利用する投資家も多くなってきている。

ウイルスバスター公式トレンドマイクロ・オンラインショップ

カテゴリー「取引」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ