投資用語集

シャープレシオ

英語
sharpe ratio
同意語
効率係数
関連語
アセットクラス , ウィリアム・シャープ
カテゴリ
取引 ,

単純なリターンではなく、そのリターンを得るためにどれ位のリスクを取っているかを計測する指標のことで、安全資産(リスクがゼロと仮定した資産)から得られる収益(リターン)をどの位上回ったのかを比較でき、リターンとリスクとの見合いで運用成果を判断できるため、ファンドの運用成績を比較する場合に広く用いられている。

リターンの水準が同じであれば取ったリスクが小さいほど、取ったリスクが同程度であればリターンが大きいほどシャープレシオは大きくなるため、シャープレシオが高いほど運用成績が優れているとされるが、投資先のアセットクラスや比較期間・時期によって値やその傾向は大きく異なるので、シャープレシオ出ファンドの運用成績を比較する際には、同様のアセットクラスに投資するファンド間で比較することや、比較期間等に注意する必要がある。

シャープレシオの名前は、考案者であるアメリカの経済学者ウイリアム・シャープ博士に由来する。

シャープレシオの求め方

シャープレシオ=(ファンドの平均リターン-安全資産利子率)÷標準偏差
(安全資産利子率には、日本では無担保コールレート等が使われる。)


ページの先頭へ