投資用語集

買い難平決してせざるものなり

同意語
難平は意地、うぬぼれである , 意地商いは破滅のもと
関連語
難平 , 本間宗久
カテゴリ
,

相場が自分の予測に反して動き、評価損になったときに、損を取り戻そうとして難平を行うことは損を広げるだけなので、潔く損切りをして、別の機会を狙うべきであると諭じた江戸時代の相場師本間宗久の教え。

「不利運の時、売平均(ならし)、買平均は決してせざるものなり」 (本間宗久『宗久翁秘録』)

また、江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の中にも「由来難平(なんぴん)は損大にして利少なき法なり。資の大を要して利を得るに小なるものなれば、これを妙法とはいいがたし」とある。

カテゴリー「」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ