投資用語集

ロックアップ

英語
lock-up
関連語
IPO
カテゴリ
募集・売り出し ,

会社役員・大株主・ベンチャーキャピタルなどの公開前の会社の株主が、その株式が公開された後に一定期間(通常は180日)、市場で持株を売却することができないよう公開前に契約を交わす自主規制の制度のことで、株式公開後に、大株主が利益確保のために保有株を売却し、株価が公募・売り出し価格を下回ることを防止することを目的とし、企業、大株主、主幹事証券会社の3社で内容を決定し、取締役会の決議の上で、その詳細については公募目論見書に記載される。

ロックアップ期間中においては、大株主が株式を大量売却し浮動株が急増するという事態は起きないため、買い手が集まりやすく株価の上昇を招きやすいが、ロックアップ条項の期限切れが近づくと、大株主の株式売却を見越して一般投資家による売りが増加し、株価が下落する傾向があり、大株主としてベンチャーキャピタルが存在していると、上場直後の高い株価で得り逃げたいという思惑からロックアップ条項の反対し、ロックアップ条項を設けずに新規上場されることもある。

えきねっと びゅう国内ツアー

カテゴリー「募集・売り出し」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ