投資用語集

上がるべき気が尽きぬれば自ずから下がるところが天性と知れ

関連語
牛田権三郎
カテゴリ
,

江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の中の言葉で、相場が上昇する理由がなくなってくると、そこに弱材料が生まれなくても、相場を自然に下げる力をはらみ、自らの力の尽きたところから相場は下がるという意味の格言。

カテゴリー「」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ