投資用語集

待つは仁、向かうは勇、利乗せは智の徳

カテゴリ
,

江戸時代に米相場で成功した滋雲斎牛田権三郎の著書『三猿金泉秘録』の中の言葉で、相場は焦らずチャンスが来るまでじっくり待つことが大切であるが、ひとたびチャンスが訪れた時には立ち向かう勇気が必要であり、利益を出すためには、相場の波に乗って引き際に手仕舞う知略が必要であるという意味。

「高きをば せかず急がず待つは仁 向かうは勇 利乗せは智の徳」(『三猿金泉秘録』)

カテゴリー「」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ