投資用語集

資本資産価格モデル

日本語
資本資産価格モデル
英語
Capital Asset Pricing Model
関連語
効率的市場仮説 , パッシブ運用
カテゴリ
投資理論 ,

ウィリアム・シャープが創案した投資戦略におけるモダンポートフォリオ理論の一つで、金融経済学において最も基本的な資産価格モデルの一つ。

効率的市場仮説の下で、リスク資産の期待リターンと価格がどのように形成されているかを理論化したもので、ウィリアム・シャープは資産価格理論研究への貢献により1990年のノーベル経済学賞を受賞している。

効率的市場(当該市場にある全ての銘柄の期待リスクとリターンが公表されていることによって、いずれの投資家も、各銘柄の将来の価格について、同一の予想をすることができるというような状況)においては、株価は市場参加者の総意が反映されたものであり、各銘柄の時価総額比率から成るポートフォリオは、リスク・リターンの観点から最も効率的であるとする理論であり、パッシブ運用はこの考え方を基にしている。

HP Directplus -HP公式オンラインストア-

カテゴリー「投資理論」の他の用語

カテゴリーの用語一覧 >


ページの先頭へ